スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

「うん」と返事する子は「うん子」

「あいさつの大事さ訴えるため、作った」横浜市立西寺尾小学校(同市神奈川区、児童数470人)の吉田秀一校長(57歳)が全校児童の家庭に配る「学校だより」に「うん子」というタイトルをつけ、「はい」ではなく「うん」と返事する児童について「おまえは「うん子」か!と怒鳴りたくなる」と書いていたことが分かった。5日の市議会決算特別委員会で仁田昌寿市議(公明)が明らかにした。吉田校長は同日の終業式で全校生徒に謝罪した。問題となったのは9月28日付の「学校だより10月号」。吉田校長名で「はい!先生」と答えれば、よい子よい子と飴玉の一つもやりたくなるのですが、「ええ!わたし?」とか、「どうして?おれ!」とか言われると、何だこいつは!どついたろか!という気持ちになってしまいます」などと記したうえで「おまえは「うん子」か!と怒鳴りたくなるわたしのこの気持ち分かってもらえますでしょうか」と締めくくっている。吉田校長は毎日新聞の取材に「あいさつの大事さを訴えるため、学校だよりを今までにないスタイルで作ってみたいと思った。非常に不快感を持たれてしまうもので。自分の立場をわきまえればよかった」と釈明した。同委員会で中田宏市長は「びっくりした。言葉をわきまえてもらいたい」と答弁。押尾賢一教育長も「誠に遺憾で、校長としては非常に不適切。実態を調べて対応を取りたい」と述べた。これは、絶対にあってはならないこと。校長は訳の分からない言い訳をしているが、これは校長だからという問題よりも、この校長の人格や人間性に問題がある。この校長はすぐに辞任し、2度と教育現場に立たせてはならない。大人がこういうことをするから、そばで見ている子供たちは「これならやってもいいと」と判断し、子供たちのいじめがなくならないのだ。子供は大人の背中を見て育つ。教師は聖職と呼ばれていたが、もはや、聖職ではない!
スポンサーサイト

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 教育問題について考える - ジャンル : 学校・教育

民営郵政初日に簡易局68局を一斉閉鎖

全国で簡易郵便局の閉鎖が相次いでいる問題で、郵政3事業が民営化された1日、長野県や北海道など16道県の68局が一斉に閉鎖された。日本郵政公社から業務を委託されていた個人や農協などが民営化を機に受託を打ち切ったためで、一度に閉鎖された局数としては2003年4月の郵政公社の発足以降で最多だという。郵便窓口業務を担当する郵便局会社は「新たな委託先を探している」とするが、再開が難航する簡易局も多そうだ。郵便局会社によると、閉鎖されたのは長野県で19局、北海道で16局、鹿児島県で6局、三重県で5局、愛知・福岡・岐阜県で各3局など。1日現在の簡易局4299のうち、「一時閉鎖」は417局となり、8月末現在の310局から107局増えた。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

JA草津市職員が450万円着服

草津市農業協同組合(JA草津市)の男性職員(28歳)が、約450万円を着服したとして今月13日付けで懲戒免職されていたことが分かった。同JAによると、この元職員は購買課で勤務していた平成17年から昨年12月にかけ、不正な伝票処理を行い、葬祭用商品の代金計448万円を着服したという。今年1月に別の職員が不適切な伝票処理を発見したが、元職員は着服を否定。内部告発を受けて5月に調査委員会が立ち上がり、元職員は8月に着服を認めた。全額が返済されたため刑事告訴はしないという。同JAは平成16年にも、職員による1億900万円の着服や不適切な入札などの不祥事が発覚し、昨年9月に県から業務改善命令を受けている。同JAの勝部増夫代表理事理事長は「チェック体制の甘さを反省している。ただ、内部告発で発覚しており、浄化作用が働いたということでもある。再発防止を徹底する」と話している。この事件のよく分からないところが、全額返済するお金があるなら何で横領したのだろうか?というのが疑問。横領や着服しちゃう人ってお金に困ってやっちゃう人間が多いから。気になったのが内部告発で発覚したのだから浄化作用が働いた、なんて理事長は言ってるけどそれは違うと思う。ただ単に正義感のある人が内部告発をしたに過ぎないと思う。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 許されない出来事 - ジャンル : ニュース

年金保険料窓口徴収の廃止検討

舛添要一厚生労働相は29日午前の民放テレビ番組で、社会保険庁や自治体の職員による年金保険料の横領・着服問題でへの再発防止策として「社会保険事務所の窓口で掛け金を支払うことを一切止めさせる」と述べた。全国の社会保険事務所の窓口で実施している国民年金保険料徴収の窓口業務を来年3月までに廃止する方向で検討する考えを表明した。番組出演後、舛添氏は記者団に対し、窓口業務廃止の理由について「社会保険事務所の窓口で現金決済したから問題が起きた。ここまで役所の窓口が信用されないのは困ることだが、銀行は信用できるが社保庁は信用できないという残念な状況がある」と説明した。国民年金保険料の納付方法の内訳は口座振替が約6割、銀行や郵便局など金融機関窓口での振込が4割弱。社会保険事務所の窓口での納付は1%台にとどまっている。そうした現状を踏まえながらも、舛添氏は「どうしても「社会保険事務所の窓口で支払いたい」という人が出てくる可能性はある」と語り、法令改正の有無を含め早急に具体策をまとめる方針を示した。窓口での支払いじゃなくても、口座振替でも横領や着服はなくならないよ。結局、一箇所に多額の現金が集まるわけで、ただ、現金の行く先が変わるにすぎない。人間はすぐに悪知恵が働くからどんな対策を講じてもそれらを扱う人間の心が変わらない限り、こういうことはなくならない。もう、最終的にはそういう業務に携わる人間の良心に委ねるしかないのかもしれない。憲法76条裁判官の良心、のように。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 年金問題 - ジャンル : 政治・経済

患者間違えて肺を摘出

愛知県は29日、同県がんセンター中央病院(名古屋市 加藤知行院長)で2005年5月、名古屋市内の50代の男性患者を肺がんと誤診し、肺の一部を摘出するミスがあったと発表した。手術前に細胞検査を実施した際、担当医が男性の肺細胞のサンプルを別の肺がん患者のものと取り違えたのが原因。男性は「呼吸がしにくく、手も動かしにくい」と後遺症を訴えているという。病院によると、男性は肺の細胞を調べた結果、ガンと診断され、5月25日に右肺上部3分の1とリンパ節を切除する手術を受けた。だが、手術後の病理検査で切除された肺を調べたところ、肺がんではなく結核だったと判明。手術前の検査で調べた肺細胞が別の肺がん患者のものだったことが分かった。病院は男性と家族に謝罪し、手術費や入院治療費は病院側が負担した。だが男性は慰謝料の支払いも求めているという。費用を病院側が負担するのは当然のこと、そして男性には後遺症が残り、日常生活に支障をきたしているのだから慰謝料も支払うのが常識。それに、開胸した時点で結核だということに気付かなかったのだろうか。こういうニュースを聞くたびに、「一体、どうすればこんなミスが起こるのか」と疑問に思えて仕方ない。ただただ、呆れるばかり。手塚治の医療漫画「ブラックジャック」の主人公ブラックジャックが今の日本の医療体制を知ったら、鼻で笑うだろう。手塚治は医学博士だから、もし、手塚が今の日本医療を見ていたら嘆くのではないだろうか。医療の世界において、「人間だからミスすることだってある」という言葉は通用しないし、決して許されるものではない。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 許されない出来事 - ジャンル : ニュース

プロフィール

ジョイロー

Author:ジョイロー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。