スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

重度やけど男児を国後から緊急輸送

北方領土・国後島で重度のやけどを負った男児が12日、北海道根室市の市立根室病院に緊急搬送された。外務省ロシア支援室によると「全身の30%熱傷で予断を許さない」ほど重度で、道庁の防災ヘリコプターでで札幌医科大に搬送され、治療を受けている。北方領土からのやけどの緊急患者の受け入れは初めて。国後島南クリル地区のイーゴリ・コーワリ地区長などによると、やけどを負ったのはニキータ・ルイジョフ君(1歳11ヶ月)。同島古釜布(ユジノクリリスク)の自宅で11日午後6時ごろ、熱湯をかぶり病院に運ばれたが、医師が「治療できない」と判断。同7時半ごろ、救急輸送の協力依頼があり、文書で外務省ロシア支援室に受け入れを要請した。古釜布港では、7泊8日の予定で滞在していた「ビザなし渡航地震火山専門家訪問団」(中川光弘団長ら18人)のチャーター船が寄港していたため、12日の帰港を前に出航を半日早め緊急搬送した。同船には母ナタリア・クチュワさん(28歳)と医師が同乗。同日午前4時ごろ、根室港に到着し、市立病院でやけど軟膏を塗ったり、点滴などの応急措置をを施した。子供の30%以上のやけどは「熱傷センター」での治療が必要なため、道庁を通じて札幌医科大に転送した。搬送に立ち会った市立病院の看護師は「顔を除く全身にかなり激しいやけどを負っている。やけどは時間がたってからの経過が大事なので(命を救えるかどうかは)分からない」と話した。同支援室の福島正則首席事務官は「北方四島からはこれまでも患者を受け入れてきたが、緊急患者は初めて。(今回の受け入れは)人道的観点から協力が必要と判断した。日本人との信頼関係の強化につながる」と話している。北海道によると、ロシアからは90年、サハリン州ユジノサハリンクスから大やけどを負ったコンスタンチン君(当時3歳)が飛行機で札幌市に緊急搬送されたのを皮切りに、いずれも、やけどで過去7件の受け入れ例がある。1歳で全身の30%の熱傷患者が助かるかどうかは治療次第、そして患者本人の生命力にかけるしかない。人間には、元々、治そうとする力があるからそれを信じるしかないだろう。例え、小さな命でも。
スポンサーサイト

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

コンタクトのケア、35%が「面倒」と回答

ソフトコンタクトレンズとコンタクトレンズケア剤メーカーのチバビジョン(東京都品川区)は、10日の「目の愛護デー」を前にコンタクトレンズユーザー(男女207人)に対し、レンズケアーに関する意識調査を実施した。その結果、「目に異常を感じた人」は2人に1人が「ある」と回答。その際に「眼科で受診をしなかった」と答えたのが3人に1人だった。また、眼科での定期検診を「3ヶ月に1回以上受けている人」は全体の5人に1人だった。また、レンズケアに関しては35%が「面倒だ」と感じている。コンタクトレンズユーザーの目の健康に対する意識の低さやレンズケアへの意識のなさが浮き彫りになった。人は失明すると情報の75%を失うと言われている。だからこそ、目は大事にしよう。確かに、コンタクトのケアは面倒だし、お金もかかるから面倒な気持ちは分かるけど、それが面倒が嫌ならメガネにする。それしか、手段はないわけだし・・・。ケアを怠れば、目の病気になったり、最悪、失明にもつながるのだから。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

結核患者、7年連続で減少

平成18年に新たに結核を発症した患者は前年より1935人少ない2万6384人で、7年連続で減少したことが25日、厚生労働省の調査で分かった。人口10万人あたりの新規発症者数を示す罹患率も減少傾向が続いているが、大都市部で高く、地域格差が依然大きい。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

B型肝炎の父子間感染が拡大

肝臓がんなどを招く恐れがある乳幼児期のB型肝炎ウイルス(HBV)について、母子間の感染が減る一方、父子感染の割合が高まっている。育児に父親が参加する機会が増えていることが背景と見られ、乳児期のワクチン接種など早急な対策が求められる。B型肝炎は血液や体液、唾液を介して感染し、ウイルスを持つ持続感染者(キャリア)が国内で100万人以上いる。成人の場合、感染しても多くは自然に治るが、3歳未満で感染すると、一部がキャリアになる。このため母親がキャリアの場合、1986年以降、生後すぐに子供にワクチン接種が行われ、母子感染は10分の1に激変した。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 医療・健康 - ジャンル : ニュース

飲酒でリスク拡大、女性の乳がん

アメリカ保険大手カイザー・パーマネンテが27日発表した調査結果によると、女性が毎日飲酒した場合、乳がんになるリスクが拡大する傾向が確認された。酒の種類を問わず、健康に良いとされる赤ワインでも発生率が高まった。調査は約7万人(うち2829人が乳がん発病)を対象に実施。ワインなどを毎日3杯以上飲む女性の乳がん発生率は、ほとんど飲まない女性より30%高かった。同社研究員は「毎日3杯以上の飲酒が乳がん発生率拡大につながるのは毎日1箱以上の喫煙が肺がん発生率拡大につながるのと似た関係にある」と警告した。毎日、1、2杯飲酒する女性の乳がん発生率も10%高かったため、家族に乳がん患者がいる場合などは飲酒習慣に注意が必要だと助言した。飲酒と乳がんリスクの関連性は指摘されてきたが、血圧低下などの効果がある赤ワインは例外との意見もあった。しかし、今回の大規模調査で、赤ワインやビール、ウイスキーの間に違いはなく、アルコール摂取量が発がん率を左右する傾向が分かった。ただ、リスクを高める原因は未解明という。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

プロフィール

ジョイロー

Author:ジョイロー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。