スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

肺ガン見落とし、国に賠償命令=仙台地裁

服役中に受けた胸部レントゲン検査で、医師が画像を読み誤ったため治療不能な末期ガンにまで症状が進行したとして、仙台市の男性(55歳)が刑務所を管理する国に約7397万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、仙台地裁であった。潮見直之裁判長は、医師の過失を認め、国に約4845万円の支払いを命じた。潮見裁判長は「レントゲン検査で男性の左肺には影が認められており、医師は肺ガンかどうか詳しい検査を行うべきだった」と指摘。これを怠ったのは過失と判断した。医療裁判で原告が被告(病院や医師)に勝訴するのは、全体的にみれば、決して多くはない。その理由のひとつとして、医療問題を扱う弁護士の数がまだまだ少ないこと、素人には理解不能な医療専門用語がつきまとうという問題がある。だから、勝訴するのは難しいことなのだ。
スポンサーサイト

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 裁判 - ジャンル : 政治・経済

橋下弁護士、2ちゃんねるの殺害予告で刑事告訴

テレビ番組などで人気の橋下徹弁護士は10月15日、巨大掲示板「2ちゃんねる」に自身と家族の殺害予告が掲載されたとして、刑事告訴したことを自身のブログで明らかにした。橋下弁護士は「2ちゃんねらーの方、大変残念ですが」と題したブログのエントリーで、「普段2ちゃんねるを見ることはなく、何を書かれてもある意味言論の自由の範囲。内容のある批判があれば耳を傾けなくてはならない。予告の内容も、ほぼ100%イタズラだと判明した」としながらも「ぼくだけではなく家族を含めた殺害予告が掲載された。法律事務所、マネジメント会社、警察と協議し、内容やぼくの立場、家族のことなどを考慮してやむを得ず刑事告訴した」と説明している。殺害予告について通報を受けた日本弁護士連合会から橋下弁護士の事務所に連絡があり、知ったという。2ちゃんねるには10月7日付けで「橋下弁護士の一家惨殺してやる」というタイトルのスレッドが立っていた。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース - ジャンル : ニュース

「今枝VS橋下」弁護士対決

山口県光市の母子殺害事件で、殺人などの罪に問われた男性被告(26歳)=事件当時=(18歳)=の弁護団に対する懲戒請求をテレビ番組で呼びかけ、弁護士業務を妨害したとして、今枝仁弁護士ら弁護団のメンバー4人=いずれも広島弁護士会=が橋下徹弁護士=大阪弁護士会=に1人あたり300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日午後、広島地裁(橋本良成裁判長)で開かれる。双方とも訴状や答弁書などをインターネット上で公開。口頭弁論でも同旨の主張が行われるとみられ、弁護士が懲戒請求を巡り弁護士を訴えるという異例の訴訟は、全面対決の構図が展開されることになる。原告側は訴状で、「懲戒請求者は懲戒事由を裏付ける相当な根拠について調査、検討すべき義務を負う」と判示した最高裁判決に言及。この判決の趣旨は懲戒を促した者にも適用されるとして「被告は十分な調査、検討を尽くさずに発言に及んだ」と指摘した。さらに、「発言では懲戒請求をした者が弁護士会から資料の提出などを求められることに触れなかった上、多数の請求がされれば弁護士会が処分せざるを得なくなると視聴者に誤解させた」と批判。その結果として4人とも300件を超える懲戒請求を受けたとして「弁明などの対応を余儀なくされて業務に多大な支障が生じたほか、社会的名誉や信用が損なわれた」と主張している。これに対し、橋下弁護士は、弁護団の一部のメンバーが最高裁の弁論を欠席したことや、1、2審での主張が上告審以降に変更されたことなどは「弁護士全体の信用を失い、品位を失うべき行為」であって、懲戒事由に相当すると主張。「弁護団は懲戒請求を避けるために、社会に対して説明する必要がある」とした。また、懲戒請求を扇動したことは認めながらも、自身の発言と多数の懲戒請求が行われたこととの因果関係を否定。さらに「弁護団の社会的評価は以前から低下していた」と損害の発生についても争い、原告側の請求棄却を求めている。
*山口県光市母子殺害事件・・・平成11年4月、山口県光市の会社員、本村洋さん(31歳)方で、妻の弥生さん=当時(23歳)=と長女の夕夏ちゃん=同11ヶ月=が遺体で発見された事件。殺人などの罪に問われた男性被告(26歳)=事件当時(18歳)=には死刑が求刑されたが、1、2審ともに無期懲役を選択。しかし、最高裁は平成18年6月、「特に酌量すべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」として2審判決を破棄、審理を広島高裁に差し戻した。差し戻し控訴審は現在までに10回の公判が開かれ、弁護側は殺意を否認し、殺人罪の成立を争っている。
*橋下徹弁護士による懲戒請求発言・・・橋下弁護士がレギュラー出演しているテレビ番組「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ制作)の5月27日放送分で、光市母子殺害事件の被告弁護団について「もし許せないと思うんだったら、一斉に弁護士会に懲戒請求かけてもらいたい」「懲戒請求というのは誰でも簡単に立てれますんで、(略)10万人とかこの番組見てる人が懲戒請求をかけてくださったら、弁護士会のほうとしても処分出さないわけにはいかない」などと発言。橋下弁護士自身は懲戒請求を行わなかったが、その後、、弁護団のメンバーへの請求が急増した。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 裁判 - ジャンル : 政治・経済

自動的な死刑執行を提案、鳩山法相

鳩山邦夫法相は25日、内閣総辞職後の記者会見で、死刑制度について「判決確定から半年以内に執行するという法の規定が事実上、守られていない。法相が絡まなくても、半年以内に執行することが自動的、客観的に進む方法がないだろうか」などと述べた。法相の信条や宗教的理由で左右される現状に疑問を呈した形だ。鳩山法相は「(執行命令書を出す)職責から逃げようというのではなく「次は誰を執行」という」話題になることがいいとは思えない。(確定の)順番なのか、乱数表なのか分からないが、自動的に進んでいけば「次は誰」という話にならない」と続けた。また、法務省が執行の対象者を公表しない現状については「遺族感情や他の死刑囚の心情などがある」と、公表になじまないとの見解を示した。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 死刑 - ジャンル : 政治・経済

本村さん、「万死に値する」

1999年4月に起きた山口県光市母子殺害事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が一、二審の無期懲役判決を破棄した当時18歳の少年だった被告(26歳)の差し戻し控訴審第10回公判は20日午後も、広島高裁(樽崎康英裁判長)で続き、会社員の本村洋さん(31歳)らが遺族が法廷で意見陳述した。本村さんは5年9ヶ月ぶりにこの裁判で証言に立ち、差し戻し前のニ審で陳述した内容を振り返りながら、「君の犯した罪は万死に値する。命を持って罪を償わなければならない」と強い口調で被告に語りかけた。殺意や乱暴目的を否認している点にも触れ、「君が心の底から真実を話しているように思えない。だから、謝罪の言葉を述べようとも信じられない」と傍聴してきた感想を明かした。被告はジャケット姿でうつむいて耳を傾け、陳述後に深く一礼したが本村さんは被告と終始目を合わせなかった。このニュースを聞く度に思うことだけど、本村さんは強い人だなと心から思う。そして、感情に流されず冷静に記者会見を行っている姿をみるとすごい人だと思わずにはいられない。私も裁判の経験があるが、解決するまで長い時間がかかり、その影響で日々、ちょっとしたことでイライラしたり、体調も崩した。私が本村さんなら、今ごろ、入院していると思う。記者会見でも、感情を爆発させながら発言していただろうと思う。

  [PR]   JR船橋駅周辺でアルバイト・転職・派遣を探すならMYWORKの求人情報で!

テーマ : 裁判 - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

ジョイロー

Author:ジョイロー
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。